*

ANA修行 2015 SFCへの最短修行ルート


PP_ririkumae500

2014年中にANA修行を終えようと思っていたのですが、プライベートな予定で修行予定が取れず、中途半端な約20,000PPで今年も終わりそうです。

残念ですが、来年に持ち越し・・・
ですので、もう一度2015年のANAマイル修行 SFC取得に向けて作戦をしなおします。

羽田(HND)-那覇(OKA)、羽田(HND)-石垣(ISG) と株主優待券を使って「プレミアム株主優待割引」運賃のルートを基本に考えます。

実際には単純利用だとつまらないので、このツールは利用しないと思いますが、頭の体操もかねての計算です。
また、海外の利用を使うつもりはないので、それも含めて。

羽田(HND)-那覇(OKA)を何回往復すればいい?

羽田(HND)-那覇(OKA)を「プレミアム株主優待割引」で登場した場合のプレミアムポイントは、2,860PP。
いわゆるANA修行は50,000PPがゴールになりますので、50,000PP / 2,860PP ≒ 17.48回
17回なので、8往復半の搭乗で、2,860 × 17 = 48,620PP

残りが 50,000 – 48,620 = 1,380 PP

那覇(OKA)-石垣(ISG) が、770PP なので、2レグ(1往復)で1,540PP

48,620PP + 1,540PP = 50,160PP で達成!

結論) 羽田(HND)-那覇(OKA)8往復半 と 那覇(OKA)-石垣(ISG) 1往復で達成

修行の期間はどれくらいかかるのか?

2015年1月のANAの運行スケジュールを見てみます。

羽田 → 那覇 → 羽田 → 那覇 → 羽田
6:25 → 9:15 10:10 → 12:20 13:05 → 16:00 16:50 → 19:00

朝一の便は辛そうですが、19時には羽田にいれるのはある意味楽かも。
これで1日 4レグ(2往復)

これを4日続けて行って、合計16レグを達成。
残り1レグと、那覇(OKA)-石垣(ISG)往復を入れてもいいんですが、那覇(OKA)に帰ってこれないですね。。。

なので、羽田(HND)-那覇(OKA)だけで終わらせると、18レグ(9往復)
でも、これだとややオーバーするので、1レグ分は「プレミアム株主優待割引」ではなく、「株主優待割引」で十分ですね。

結局、羽田(HND)-那覇(OKA) のみの修行はどれくらいかかる?

羽田(HND)-那覇(OKA)しか搭乗しないとして、可能な限りコストダウンさせるとすると、

17レグを「プレミアム株主優待割引」 2,860 × 17 = 48,620PP
1レグを「株主優待割引」1,876 × 1 = 50,496PP

これで達成しますね。
最短で、4日半で達成する、ってことですね。

ANA SFC修行のコストは?

「プレミアム株主優待割引」¥28,340 × 17 = ¥481,780
「株主優待割引」¥23,340 × 1 = ¥23,340

株主優待券はオークションや金券ショップで買うと仮定し、¥3,000。
¥3,000 × 18 = ¥54,000

合計  ¥481,780 + ¥23,340 + ¥54,000 = ¥559,120

羽田(HND)-那覇(OKA)のみでANA修行をする場合は、4日半の時間と約56万円の費用・コストがかかるってことですね。
もちろん、他のルートを絡めることでより効率的な修行もできると思いますので、ひとつの基準というか、目安として参考にしようかな。


公開日:

大手クレジットカードの真の魅力に迫る講演会 アメリカン・エキスプレス・カード

2017年12月15日(金)にバリューコマース株式会社で開催された、消

セゾンアメックス
セゾンアメックス入会キャンペーンで、2,400ANAマイル貯める方法

セゾンパール・アメックスカードは、初年度年会費無料で、2年目以

no image
SPGアメックスカードの紹介キャンペーンで17,000ポイントをもらう方法

今、注目を集めているSPGアメックスカードは、実は既存会員からの紹介で

スターウッド・プリファード・ゲスト アメリカン・エキスプレス・カード(SPGアメックスカード)で1.25%還元でマイルを貯めて、SKYコインに

ANA修行用というわけではありませんが、1.25%還元率&マイ

no image
【修行完了】2016年 ANA修行を解脱し、無事SFCに達成した全フライト記録

途中まではこまごまと記録していましたが、途中から出張ばかりになってしま

→もっと見る

PAGE TOP ↑