*

ソラチカカードはANA修行との相性も抜群のANAカード!

公開日: : 最終更新日:2015/04/23 ANAカード


ANA修行用に限ったわけではありませんが、ANAマイラーにお得なクレジットカードとして注目されているのが、PASMO付きのANA JCBカードであるソラチカカード

年会費2,100円(初年度は無料)と10マイルの移行コース(5,000円(税抜) / 年)に、PASMOがつきます。(オートチャージ対応!)
しかも、東京メトロの乗車で、ポイントがさらに貯まりますので、東京メトロに搭乗しながら、ANAマイルを貯められますし、さらにPASMO(Suica)利用でも貯まる、という嬉しいクレジットカードです。

まだ新しいクレジットカードですので、ユーザーも少なく、メリットを十分に理解している人も少ないのでは?
今なら、入会キャンペーンでさらにマイル・ポイントが貯まるチャンスですので、申し込みはお早めに!

⇒ ソラチカカードの入会キャンペーンはこちらから

ソラチカカードは、お手軽にANAマイルを貯めたい方に最適

ソラチカカード、正式名称 ANA To Me CARD PASMO JCB は、2012年3月から募集を開始した、新しいANAカードです。
「ANA JCBカード」と「東京メトロTo Me CARD PASMO」の機能がひとつにまとまったカードです。
ソラ(空)=飛行機(ANA)チカ(地下)=地下鉄(東京メトロ)ソラチカカード、その名の通りのANAカードです。

このソラチカカードは、ANAカードの中でももっとも低コストで貯まるカードです。
飛行機にはほとんど乗らない、2~3年かけて貯めたマイルで無料特典航空券に交換する、という目的の方には最適です。
(逆に、旅行や出張で年に何度が、搭乗予定がある方はANAアメックスカードがおすすめ)

ソラチカカードは、PASMOが使える=Suicaが使える

意外にご存じない方も多いのですが、SuicaとPASMOは互換してますので、Suicaが使えるところでは、PASMOも使えますし、その逆ももちろん使えます。

その他、全国各地のICカード乗車券・電子マネーKitaca、TOICA、ICOCA、SUGOCA、nimoca、はやかけんでも同じく、相互利用可能です。(一部では利用不可な路線などもありますが、ごく少数です)
ですから、PASMOが利用できる、ということは、ほぼ全国の交通系電子マネーとして利用できるということと、同じことですね。

Suica/PASUMO利用で一気に広がる利用事情

今まで、ANAカード系でSuicaを使うには、ANA VISA Suicaカードを利用するか、ANAアメックスカードから、モバイルSuicaにチャージをして利用するか、のいずれかでした。

ところが、ソラチカカードの登場で一気にANA VISA Suicaカードの優位性が崩れました。
機能的に同じであるならば、維持費が安く、東京メトロのSF乗車ポイントも貯まるソラチカカードのほうがお得ですね。
(ANA VISA Suicaカードに乗車ポイントのようなボーナスで付与されるポイントはありません)

ANA VISA Suicaよりもソラチカカードがお得な理由

ANA VISA Suicaカードとソラチカカードを比較した場合、年会費はどちらも同じ2,100円(初年度無料)です。
ただし、大きく異なるのが、マイル移行手数料です。

ANAカードは、クレジットカードの利用金額がそのままマイルになるのではなく、
一度クレジットカードのポイントとして付与され、それをANAマイルに移行するという流れになります。
そのときに、移行コースが2種類あります。 (ANAアメックスは、100円=1ポイント=1マイル還元のみです)

<10マイルコース>
1,000円=1ポイント=10マイル
<5マイルコース>
1,000円=1ポイント=5マイル

年間のクレジットカード決済額が少額の場合(目安として30万円以下)は、料金のかからない5マイルコースで十分です。
ただし、5マイルコースだと、100円=1ポイント=0.5マイル と還元率0.5%ですので、マイルを貯めるには非効率的です。
であれば、年会費無料の楽天カードで楽天ポイントを貯めて、それをANAマイルに交換したほうが賢い選択です。

楽天カード還元率は、100円=1ポイント 2ポイント(楽天)=1マイル(ANA)ですので、ANAマイルの還元率で0.5%。
しかも、年会費も移行手数料もかかりません。

ですから、ANAカードを持つ方は、10マイルコースに申し込むのがお得ですが、10マイルコースは有料のコースで、手数料(年会費)がかかります。
この手数料(年会費)の違いが、実はカードによって異なります。

VISA / MASTER系(ANA VISA Suicaカード)6,480円
JCB系(ソラチカカード)2,160円
その差、4,200円!

以前から、ANA VISA/MASTERカードとANA JCBカードは、マイル移行手数料の違いがあり、より節約志向な方は、ANA JCBカードを選択していました。
が、どうしてもSuicaを利用したいということで、ANA VISA Suicaカードを選んだ人も多くいましたが、ソラチカカードの出現で、それも解消されました。

ソラチカカードを持っていれば、Suicaとして利用できますので、同じこと。
であれば、ソラチカカードを選ばない理由がありませんよね。

※2015年4月より、ANA JCBカード/ソラチカカードのマイル移行手数料が5,000円(税別)にあがっておりますので、その差は減少しましたが、ANA JCBカード/ソラチカカードが優位であることには変わりません。

ソラチカカードは東京メトロに乗ると、ポイント・マイルが貯まる

ソラチカカードの大きな特徴として、東京メトロのSF乗車ポイントサービスがあります。
これは、東京メトロに乗るだけで、乗車ごとにポイントが貯まるサービスです。
(ですので、基本的に首都圏に在住の方向け、ですね)

ソラチカカードの場合、1乗車につき、下記のSF乗車ポイントが貯まります。

平日5ポイント
土休日15ポイント

「1乗車」ですので、往復すれば×2ですね。

このSF乗車ポイントは、等価交換(1ポイント=1円)で、PASMOや楽天スーパーポイント、nanacoに移行することができます。
ANAマイルに交換する場合は、100ポイント=90マイル のレートになります。
(どのポイント、マイルに移行しても手数料は無料)

ソラチカカードユーザーであれば、もちろんANAマイルに移行しますので、それを前提にした計算を。

たとえば、毎週土日(月に8回)にどこかに東京メトロで出かけた場合(160円区間)を仮定します。

SF乗車ポイントは、15ポイント(土休日)
自宅⇔目的地の往復なので、×2
月に8回なので ×8
15×2×8=240ポイント
合計240ポイント → 216マイル
(実際の交換は、100ポイント単位から)

216マイルをクレジットカード利用で貯めるのは、21,600円分の利用が必要です。(還元率1%と仮定)
それだけのマイルを、東京メトロに乗るだけで貯めることができるのです。

もちろん、運賃の支払い分はこのSF乗車ポイントとは別です。
運賃の支払い分には、クレジットカード利用分のポイントが貯まります(1,000円=1ポイント=10マイル)ので、ダブルでマイルを貯められる、ということですね。

JCB STAR MEMBERSで使えば使うほど、還元率があがる

JCBには、JCB STAR MEMBERSという特典があります。
これは年間の利用金額が50万円以上でスターβ、100万円以上でスターα、300万円以上でロイヤルαメンバーになり、その翌年のOki Dokiポイントの還元率がアップするというもの。

ただし、ここはわかりにくい箇所なのですが、ANA JCBカード(ソラチカカードも)で獲得したOki Dokiポイントのうち、ボーナスポイント・優遇ポイントのANAマイルへの移行レートは、1ポイント=3マイルです。
1ポイント=10マイルコースor5マイルというコースは、通常のポイントに入りますので、このJCB STAR MEMBERSのボーナスポイント分には適応されません。 すべて、1ポイント=3マイルです。

わかりにくいですよね…

たとえば、10,000円のカード利用をした場合、10,000円利用 → 10ポイント ⇒ 100マイルになります。
これが、JCB STAR MEMBERSの適当を受けると、ボーナスポイントが付きます。

スターβ:10,000円利用
→10ポイント + 1ポイント ⇒ 100マイル + 3マイル = 103マイル

スターα:10,000円利用
→10ポイント + 2ポイント ⇒ 100マイル + 6マイル = 106マイル

ロイヤルα:10,000円利用
→10ポイント + 2.5ポイント ⇒ 100マイル + 7.5マイル = 107.5マイル

わかりやすく還元率に直すと、

スターβ……1.03%
スターα……1.06%
ロイヤルα…1.075%

になり、正直魅力的な数字ではなくなっています。

以前は、もっと高還元なレートだったのですが、JCBが改悪を重ねて今のような数字になってしまいました。もちろん、もらえるだけまし、という考え方もできますので、頭の片隅においておいて下さい。

ソラチカカード まとめ

まず、年会費はキャンペーン中につき初年度無料(通常2,160円))。
マイル移行手数料は、5,800円 / 年と他のANAカードに比べて比較的安価なクレジットカードです。

それにPASMO(Suica)が利用でき、東京メトロの乗車ポイントが貯まるカードです。
ANA便に搭乗しないし、年会費などもできるだけ安くしたい、という方にはオススメのANAカードです。

(空港ラウンジは利用でき、付帯保険の額をより上げるなどのサービスを重要視させるのであれば、ANAアメリカン・エキスプレスカードがおすすめ)

今なら、入会キャンペーンでボーナスマイルももらえるので、この機会にどうぞ!

⇒ ソラチカカードのお申込はこちらから

関連記事

フレックストラベラー制度

AMCフレックスパートナー登録!オーバーブッキングになったら、座席をゆずってマイル or 現金をもらおう!

手続きが終わるとこの控えがもらます[/caption] 飛行機の予約数が座席数を上回り、座席

記事を読む

【ANAカード30周年記念】「ANA JCBカード」に期間限定デザイン

1月15日(木)から「ANA JCBワイドゴールドカード」および「ANA JCB スーパーフライヤー

記事を読む

スカイトラベラーカード

ANA修業にスカイトラベラーカードがお得なワケ

ANAに限らず、マイレージ修業に入る前に、持っておいて欲しいのがスカイトラベラーカード。

記事を読む

Message

大手クレジットカードの真の魅力に迫る講演会 アメリカン・エキスプレス・カード

2017年12月15日(金)にバリューコマース株式会社で開催された、消

セゾンアメックス
セゾンアメックス入会キャンペーンで、2,400ANAマイル貯める方法

セゾンパール・アメックスカードは、初年度年会費無料で、2年目以

no image
SPGアメックスカードの紹介キャンペーンで17,000ポイントをもらう方法

今、注目を集めているSPGアメックスカードは、実は既存会員からの紹介で

スターウッド・プリファード・ゲスト アメリカン・エキスプレス・カード(SPGアメックスカード)で1.25%還元でマイルを貯めて、SKYコインに

ANA修行用というわけではありませんが、1.25%還元率&マイ

no image
【修行完了】2016年 ANA修行を解脱し、無事SFCに達成した全フライト記録

途中まではこまごまと記録していましたが、途中から出張ばかりになってしま

→もっと見る

PAGE TOP ↑